リボ払い

リボ払いキャッシュバックキャンペーンを利用して確実に損する事なく現金getしましょう!

リクルートカード
登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」
2,000円キャッシュバックキャンペーン
開催中です。
リボ利息払って
実質1,873円もらう予定です´∀`

 

 

 

 

①キャンペーン登録して
→登録しました。

②登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に新規登録して
※リボ払い手数料は15%
→新規登録しました。

③毎月のお支払金額を3万円以下にご指定のうえ、
→10,000円に設定しました。

④ショッピングで1万円以上ご利用いただくと、
→9/10ヨドコムで10,125円の買い物をしました。

⑤来年1月にキャッシュバック2,000円振込まれます。
利息分127円を差し引いた1,873円が
実際の私の取り分(利益)となります。
※利子金額は多少の誤差が生じます。

(前もってどの位利息がかかるのか調べました)
10,252円の買い物をして
毎月10,000円支払って返済するわけです。
当然、手数料(利息15%)が発生するわけです。
▽▽
楽天のショッピングリボ払い返済シミュレーション
お借りして具体的な金額を調べてみました。

支払いお支払い合計金額 ▽▽10,252円
お支払い手数料(リボ利息15%)127円
リボ利用金額(買い物購入金額)10,125円
▽▽
支払い回数2回
終了予定月11月
たぶん
10月 10,000円支払い
11月 252円支払い
来年1月2,000円キャッシュバック
以上の予定になると思います。

この方法を使う際、私が決めている事
①支払いは2回払いに限定する。
②買い物利用金額は毎月の支払金額に
できるだけ近ずける。
③毎月の支払金額を業者が指定してくるキャンペーン
もありますが、これには基本的に参加しません。

どうして?

ここら辺の仕組みを自分で理解してからの参加を
お勧めします。

大注意!!
お金がキャッシュバックされてから
リボ払い契約解除して下さい。
事前に解除するとお金もらえません。
and
リボ払い契約期間中にカードを使って
他の買い物をすると、それも
自動的にリボ払いの対象になりますので
他の買い物は控えたほうが賢明です。

通販サイト、クレジットカード会社は
リボ払い会員獲得に必死です。
何故?1番荒稼ぎができるからです。
だから勧誘のキャンペーンを
年がら年中開催しています。

また「多くのポイントを付与する」よって感じで
勧誘してきます。

新規に作ったクレジットカードでリボ払いが
初期設定されているカードもあります。

リボ払いを利用することは
他人の連帯保証人になること同様に
ハイリスクっていうことは
昔からよく言われています。

しかしながら

リボ払いの仕組みを理解しておけば
その仕組みを利用して
しっかり利益を出すことも可能です。

自動リボも後払いリボも
先に払うか後に払うかの違いだけです。

同業他社どこも似たり寄ったりです。

過去に楽天、ヤフー、リクルートカードで
この手法を使い利益を得ました。

リボ払いのシステム:参考迄に