リボ払い

リボ払い~楽天(後リボ)編~仕組みさえ理解すれば お小遣い稼げます

                             2021年6月20日
下記のようなキャンペーン、楽天e-NAVIでよく見かけます。
年がら年中やってます。

【楽天e-NAVIで見かたキャンペーン
15,000円以上「あとからリボ払い」をご利用でもれなく1,000ポイント!
さらに条件達成で2,000ポイント進呈」(キャンペーンコード140017)

これって罠?!……はい、ほとんど罠です

結論

ケース1
15,000円以上「あとからリボ払い」利用して1,000ポイント プレゼント
aaaaaaaaaaaa
月々の支払いを規則に従い,10,000円に設定して
15,100円利用しました。
aaaaaaaaaaaa

749円相当の利益になります。

ケース2
100,000円以上を「あとからリボ払い」利用して
更に2,000ポイント プレゼント
aaaaaaaaaaaa
月々の支払いを規則に従い、10,000円に設定して
100,100円、利用しました。
aaaaaaaaaaaa
3,886円 損することになります。

ケース3
キャンペーンに参加しないこともあります。
自分の利用できる金額が15,000円付近にないとき
利益率が極端に低くなる場合があります。
その時は私はキャンペーンに参加しません

よく言われることに、
「他人の連帯保証人とリボ払いだけはするな」があると思います。
人生破滅に向かって真っ逆さまですから、戒めですね。
それほど怖いリボ払いです。
でもリボ払いの仕組みさえ理解すれば、
利益を得ることも可能です。

条件達成の詳細確認

下記①~④の条件を満たした方がキャンペーンに参加できます。
①エントリー期間に
(2021/6/11(金)0:00~2021/6/23(水)23:59)に

②合計15,000以円以上「あとからリボ払い」を利用して

合計15,000円以上とはどういう事?
合計32,100円利用しているんだけど

エントリ期間中に楽天e-NAVIに表示された
今月の支払い明細が下記の内容だとします。
1回目 9,300円
2回目 8,500円
3回目 7,700円
4回目 6,600円

2回目8,500円と4回目6,600円を合計すると
15,100円となり合計15,000円以上「あとからリボ払い」
キャンペーンの参加条件に見合うので選択して参加します。
1回目9,300円、3回目7,700円は選択していないので
キャンペーンの対象外となります。

疑問❓

何故2回目と4回目を選択してキャンペーンに参加?
1回目~4回目合計して32,100円で参加したらだめなの?
ダメじゃないけど利息が膨れて、利益率が低過ぎです。
➡後述 リボ払い利息計算参照

③月々の支払金額=返済金額を10,000円以下にして
この10,000円以下がくせ者なんですけど

④7/27(火)8/27(金)にリボ請求あり、遅れなく支払った方が
 対象になります。
 
支払い月は本来なら今月からなんですが、
後リボ支払いは翌月からの支払いになります。
このことを忘れると、
後々の資金返済計画に悪影響を与えかねません。
お金の流れをしっかり把握しておく必要があります。

どのくらいの利益が得られるの?

付与ポイントから手数料(利息)を差引いた分が利益になりまらくす。
リボ払い利息は楽天シミュレーション(スマフォ版)を使えば結果がすぐに解ります。
PC版楽天シミュレーションはこちら

リボご利用予定金額 15,100円 32,100円 100,100円
お支払い手数料(合計)=利息のこと 251円 854円 6,886円
キャンペーンポイント付与 1,000円相当 1,000円相当 3,000円相当
利益(キャンペーンポイント付与-利息) 749円 146円 -3,886円
支払い回数 2回 4回 11回
終了予定月 2021年8月 2021年10月 2022年5月

リボ払いとは

リボ払い(リボルビング払い)
ひと月あたりの支払額を設定し、
その金額以上の支払い残高を翌月以降に繰越し返却する。
100,100円借りて、ひと月の返却額が10,000円に設定した場合、
翌月以降も10,000円の支払いのまま、
100,100円分の残高を支払っていくことになる。
aaaaaaaaaaaa
リボ払い1ヵ月(31日)の手数料:支払い残高x金利(15%)x31日÷365日
100,100×15%x31÷365=1,275円
初月の支払いは10,000円+1,275円=11,275円となります。
aaaaaaaaaaaa
翌月は10,000円減った90,100円に対して、同じ手数料15%がかかる
90,100x15%x31÷365=1,148円
この月の支払い総額は11,148円となる。
同じ流れが支払い完了まで続きます。
※楽天シミュレーションの金額とは異なります。
aaaaaaaaaaaa
楽天リボ払いシミュレーション結果詳細:100,100円借りた場合

払い月 回数 支払い金額 元金 手数料(利息) 支払い残高
21/07 1回目 11,251 10,000 1,251 90,100
21/08 2回目 11,126 10,000 1,126 80,100
21/09 3回目 11,001 10,000 1,001 70,100
21/10 4回目 10,876 10,000 876 60,100
21/11 5回目 10,751 10,000 751 50,100
21/12 6回目 10,626 10,000 626 40,100
22/01 7回目 10,501 10,000 501 30,100
22/02 8回目 10,376 10,000 376 20,100
22/03 9回目 10,251 10,000 251 10,0
22/04 10回目 10,126 10,000 126 100
22/05 11回目 101 100 1 0

解かったこと

キャンペーン参加をあきらめることも

合計15,000円以上「あとからリボ払い」ご利用と言っても
利益率がよいのは15,000円付近です。
利益率を考えると15,001円が最高ですが
上手く15,000円付近の支払いがあれば良いのですが
なかなか難しいと思います。
「たまたま15,000円を少し超えた金額で支払いがあった」ので
チョットこのキャンペーンに参加してみるか位の
軽い気持ちで良いかと思っています。
人それぞれ利益率の許容範囲があると思いますが
ダメだなと思ったときは
キッパリ諦め、次のチャンスを待つ
気持ちで良いかと思います。

※支払い回数は自ずと2回払いになります。

リボ払いの仕組みが今一、理解できないときは
キャンペーン参加は止めるのが無難だと思います。
火傷するだけです。
やらない事もまた大事なことだと思います

あとがき

何故?楽天市場やYahooショッピング、その他諸々の銀行、クレジット会社は
美辞麗句、甘い言葉を使って血眼になってリボ払いを勧めるんでしょうか?
簡単です。
単純に、儲かるからなんです。
それ以前にリボ払いでしか儲かる方法がないんです。

証券会社や生命保険会社など含め、いわゆる金融業は
羊の皮を被ったハイエナのようなものです。
他人が破産しようがどうなろうが関係ありません。
全ては自己責任ですから。
それで方付けられてしまいます。
騙されないようにしなくては!

以前に貸出し担当の銀行員と話す機会があったんですが、
「日本は金融教育、全くしませんね」と
言ったら、途端に嫌な顔をされたのを思い出します。